№661青梅スタジアム(東京都)

DSC07339_800.jpgDSC07345_800.jpgDSC07341_800.jpgDSC07354_800.jpgDSC07359_800.jpgDSC07357_800.jpgDSC07358_800.jpgDSC07364_800.jpgDSC07365_800.jpgDSC07368_800.jpgDSC07367_800.jpgDSC07369_800.jpgDSC07370_800.jpgDSC07371_800.jpgDSC07376_800.jpgDSC07377_800.jpgDSC07399_800.jpgDSC07383_800.jpgDSC07386_800.jpgDSC07380_800.jpgDSC07391_800.jpgDSC07392_800.jpgDSC07407_800.jpgDSC07382_800.jpg

動画 https://www.youtube.com/watch?v=TRLeOjQzvwI

メモ
その存在は数十年以上前から知っていたが、試合情報を全く掴めず、自分にとっては殆どまぼろし化していたのだが、今回ようやく行く事が出来た。元企業所有の野球場が払下げによって市営化された、たまに見かけるパターンの野球場。経緯などは省略。観覧設備と呼べるものは、一塁側にある12段程のコンクリスタンドのみ。それ以外はネット裏から三塁側にかけて、立ち入って良いのかやや不安になる立ち見スペースがある。外野部分はレフト側に少しスペースがあるが立ち入り禁止になっていた。スコアボードは黒板で、照明もなしと、とても簡素な野球場だが、斜面を利用したコンクリのスタンドは、傾斜もありフェンスも低くめで、意外にもとても見易かった。いや、天気の良い日(とくに春秋は)は、午前中を中心に日差しがもろに正面で、ちょっと見辛かったかな。晴天時は要サングラス。古い球場の割には、外野の芝のハゲなどの痛みは、ほとんど見られなかった。放送用のスピーカーもあり。アクセスは、小作駅からバス。祝日でも1時間に2本程度あるので、まずまずでは。青梅ICのすぐそばなので、車の場合はかなり便利だが、2か所ある駐車場はあまり多くない。屋根なし。売店はないが、徒歩数分の所にファミレス等の飲食店あり。

初訪問日 
2020/11/29 練習試合 東京メッツ‐アーツインターナショナルクラブ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大東洋
2020年11月30日 19:04
東京都内(島嶼部以外)でも新規開拓可能な野球場があったとわかっただけで収穫です。
ところでTOKYO METSの背番号9がヘッドコーチの愛甲猛氏なんですね。
開放的な野球場ならばベンチからスタンドに出て煙草吸ったりしていますw
私ももう何年も前の立教新座グラウンドと、今年の8月の野田市営球場で見てますが、
今年などはあごのひげも白いものが混じってましたがw
ブログ管理人
2020年11月30日 19:50
書き込み有難うございます。
愛甲氏は先日はいなかった様に思います。
彼が高校生の頃が、
ちょうど自分が高校野球にはまり始めた頃なので
ちょっと懐かしいですね。