観戦記2019(4)

DSC01263_800.jpg
先週末は、
岐阜の県下選抜大会西濃予選と
高知の秋季県大会準々決勝の観戦に行きました。

元々は、家で大人しく神奈川県大会準決勝、
決勝をTV観戦して、
来週高知に明徳-高知を観に行く予定でした。

が、土曜日に久しぶりに
新規開拓出来そうな球場が見つかったので、
それと合わせて前倒しで高知に行きました。

これが自分にしては珍しく好判断w
明徳-高知の対戦がなくなった上に、
週末は台風の予感w
先週行っておいて良かった。
運良く森木君も観る事が出来たし。

と言う訳で試合の感想を。



10/6
高知東部球場


高知工  021 001 0 | 4
明徳義塾 103 303 1x | 11  7回C


投手は、明徳・1新地、
工業・1野々宮-4中越-5山本。
新地、野々宮は左腕。

試合前練習の野手の動きなどを見て、
明徳のコールドを予想していたので、
結果はまあ想定内だったが、
工業打線が予想以上に良かった。
又は明徳のエース新地の出来が悪かったのか。

6回まで毎回被安打で毎回得点圏に
ランナーを進められる苦しい展開。
2、3回の失点の場面は、
共に二死無走者から連打を許したもので、
特に2回は8番打者に、
追い風だったとは言え本塁打を許す始末。

次戦以降にかなり不安を抱かせる
投球内容だった様に感じた。
点差があっても、なぜか継投しなかったし。
良かったのは、
夏の甲子園でも実証済みの制球の良さで、
この試合も無四球だった。
無駄なランナーを出さなかった事が、
大量失点を免れた理由の一つになったのでは。

打線は両校共良かった。
特に明徳打線は素晴らしく、
皆強振している感じはないのだが、
ミートが上手いのか、
ボールをバットに乗せるのが上手いのか、
良い角度で上がった長打を連発していた。
特に1番打者の奥野は4-3、
1本塁打を含む2長打と大活躍だった。

工業の野々宮は、球威はまずまずだったが、
クイックが出来ないのかモーションが大きく、
2塁へフリーパス状態だったのが痛かった。





高知中央 201 205 | 10
高  知 000 000 | 0  6回C


投手は、中央・1和田、高知・1安岡-3森木。
まさかの展開。
中央がこれほど強いとは思わなかった。

特に打撃は、かなりの粗さも目立ってはいたが、
高知高校相手に6回で
14安打10得点は見事の一言。
個人では、これも1番打者の曾が良かった。

エースの和田も、その筋では有名な選手らしく、
威力ある直球はもちろん、
ピンチでも粘り強い投球が出来ているのが
とても良いと思った。
明徳との決勝戦がとても楽しみ。

逆に高知は4安打無得点に4失策と、
攻守で良いところがなかった。
1回の二死1、2塁や4回の二死満塁などの
チャンスも活かせなかったし。
エースの安岡も、今日は制球が悪く、
球威もあまり感じずに、
中央打線に全く通用しなかった。

注目の森木は3番ファーストでスタメン。
どうやら故障していた様で、
この秋今日が初登板だったらしい。
打者一人、わずか4球だったが、
高知まで観に来た甲斐があった。

故障明けと言う事もあるのだろうが、
夏にネットで見た感じよりは、
だいぶ力の抜けた感じの投球だった。
本人も力感の無さを心掛けていた様で、
8割程度の力で144キロ出ていたらしい。

三振に取った変化球は、
フォークの様な落差でとても切れがあった。
今後の事を考えると、
ここで負けて良かったのでは思ってしまった。

DSC01258_800.jpg
明徳義塾・新地投手
DSC01282_800.jpg
高知中央・和田投手
DSC01286_800.jpg
高知・森木投手

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント