№613植村直己記念球場(兵庫県)

DSC00623_800.jpgDSC00622_800.jpgDSC00633_800.jpgDSC00634_800.jpgDSC00636_800.jpgDSC00637_800.jpgDSC00638_800.jpgDSC00640_800.jpgDSC00643_800.jpgDSC00645_800.jpgDSC00647_800.jpgDSC00650_800.jpgDSC00651_800.jpgDSC00652_800.jpgDSC00653_800.jpgDSC00655_800.jpgDSC00657_800.jpgDSC00662_800.jpgDSC00664_800.jpgDSC00669_800.jpgDSC00672_800.jpgDSC00697_800.jpgDSC00677_800.jpg
動画 https://www.youtube.com/watch?v=1MmWZcnsWks

メモ
正式名称は「植村直己記念スポーツ公園野球場」。もちろんその名を冠しているのは、植村直己氏が地元出身だからではあるが、スポーツ、特に野球に係わりのない人物の名を冠する球場、または運動公園と言うのは、かなり珍しいのではないだろうか。グラウンド自体は、ほっともっとフィールド神戸と同サイズだそうで、センター122mもあるなかなか立派なもの。スタンドは、ネット裏が9段のベンチシートで、内野部分は5段のコンクリ。それ以外はオープンな芝生席と言うかスペースがある。円形のスタンドに、スタンドより前に出たベンチやブルペンの形状などは、メインより神戸サブ球場の方に良く似ていた。銀色のバックネットややや高めの内野フェンスにフラットな芝生席と、観戦環境はあまり良くなかった。スコアボード電動式。アクセスは、一応最寄駅からバスがあるが、本数は少ないので時間は要チェック。駐車場は、公園自体には結構あるが、球場近くとなると割と少なかった。屋根なし。照明なし。売店なし。

初訪問日 2019/08/25 高校野球秋季兵庫地区大会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大東洋
2019年08月26日 19:33
植村記念球場と目にして 、真っ先に思い浮かんだ人物が、元オリオンズで阪急のコーチなどもし、日本ハムの監督も少しだけした植村義信氏でした。
まさかアラスカで命を絶った登山家、冒険家の植村直己とは思いませんでした。
ブログ管理人
2019年08月26日 20:30
書き込み有難うございます。
植村義信氏って私知りませんでしたw
敷地内に冒険館と言う展示館もあって
なかなか面白かったですよ。