観戦記2018(2)

昨日は平塚球場へ神奈川県大会4回戦に行きました。
朝方は大雨でしたが、午後はほぼ快晴。
気温も25度くらいあったそうな。
前日の土曜日は、苫小牧で気温5度の中観戦していたので、
寒暖差で体調がおかしくなりましたw

ちなみに苫小牧では
画像

スプリングチャレンジリーグと言う大会に行って来ました。
もちろん、主たる目的は清水球場だったのですが、
何気に駒大苫小牧-北海道栄と言う好カードも組まれてましたので、
それも楽しみにしてました。
が、近くにいた栄の父兄や控え部員の話では、
どうやら駒苫はBチームだった様。
まあまあのガチンコが見られるかと思っていたので、ちょっと残念でした。
栄の監督も何やら不機嫌な様子でしたw
ちなみにスコアはこんな感じ。

苫小牧東グラウンド

北海道栄
300 000 024 |9
200 001 000 |3
駒大苫小牧



と言う訳で、昨日の試合の感想を少し。


4/15
平塚球場


慶応義塾
200 040 02 |8
000 010 00 |1 (8回C)
白山

秋に続いてこの春もシード権を獲得するなど、
このところ力を付けている白山でしたが、
試合は、白山がエースを先発させなかった事もあり、
慶応の貫禄勝ち。

しかし守備などは、びっくりするぐらいしっかりしていたし、
(ランナー1、2塁で、2塁ランナーをけん制で挟み、
1塁ランナーも挟殺する併殺プレーには、しびれました)
エースの小浦も大柄の本格派右腕で、なかなか良かった。
打力がもう少しあればなあ。

慶応は、センバツ時から打順をかなり変えてました。
下山を1番にして、
4番にはセンバツでスタメン外だった廣瀬を起用してました。
ここは兎にも角にも打力なので、この打順変更がどう出るか。
下山には1年夏の様な輝きを取り戻して欲しいなあ。

投手陣は、夏に生井をどこまで温存出来るか。
そういう意味では、今日投げた19番山下がなかなか良かったので、
大会の序盤ではかなりの戦力になるのでは。

 


桐光学園
064 02 |12
000 00 | 0 (5回C)
法政二

先発は、桐光・1谷村、法政・21岡部。
法政はリリーフに20番が出てきたりと、投手起用を見ると、
もうシード権は手にしているので、
この試合に関しては勝敗は二の次と言った感じだったので、
やや興ざめ。

試合展開的には、法政が初回の一死満塁をいかしていれば、
もう少し違った展開になったとは思うけど。

桐光の谷村は、球威が130キロ前半だったので、調子自体はいまいちだったのでは。
桐光打線は、3番の山田をはじめ、皆結構振れていたけど、
今日の結果は少し割引かないといけないかな。
次の慶応戦でどうかだと思うが、両方ガチンコで来るかな。


画像

白山・小浦投手
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック