観戦記2017(16)

先週は、10/27から4日間、広島や北部九州を周って来ました。
台風が来ていたので、本来は中止するところですが、もう半ばやけくそw
が、何とかなるもんですなあ。
色々計画は変更しましたが、
福山市民-猪位金-鹿島市民-しまなみと、無事4日間共観戦出来ました。

と言う訳で、幾つかの試合の感想を。


秋季中国地区大会

10/27
福山市民球場



岡山学芸館 000 000 010 | 1  
高 川 学 園 100 000 20x | 3

投手は、高川・9佐伯、学芸館・1金村。
試合は、立ち上がりと終盤の7回の大事なところで3安打ずつして、
効率良く加点した高川学園の快勝。
それ以外の回では1安打のみだったので、本当に見事な集中打だった。

逆に学芸館のエース金村は、
球威ある直球を主体に7奪三振の好投だったが、
制球が不安定で調子が上がらなかった初回と、
味方のミスに足を引っ張られた7回の失点がとても痛かった。
打線も7回までわずか2安打で、先頭打者が出た3回と5回も、
バントミスとけん制死でランナーを送れず。
高川の佐伯の緩急を使った投球に、翻弄されてしまった。

高川学園は、打線の迫力はあまり感じなかったが、
走者が出るとエンドランや盗塁など、足を使った攻撃を積極的に仕掛けるなど、
学芸館守備陣を揺さぶる攻撃がとても良かった。
先発の佐伯も、制球が良く、スローカーブを有効的に使った投球が良かった。




おかやま山陽 003 000 400 | 7
石見智翠館   000 020 001 | 3

投手は、山陽・1有本-9森下(左)、石見・1靏(つる)。
試合は、中盤ややもたついたが、投打に上の山陽の完勝。

特に山陽の打力が、智翠館をかなり上回っていたと思う。
上位打線には長打力もあり、序盤の感じだとコールドもあるかと思ったが、
中盤以降智翠館に追い上げられて、やや尻すぼみ。
それでも終盤の7回、勝負所での集中打は素晴らしかった。
中でも左打者・森下の右打ちが良かった。
エース有本も、立ち上がりはやや不安定だったが、
今日見た中では一番球威を感じた。

智翠館は、序盤のチャンスを逃したのが痛かった。
1、2回に得点出来ていれば、かなり違った展開になったのでは。
エース靏は小柄ながら、なかなか小気味の良い投球を見せてくれた。
失点したイニングはわずか2回だったが、
共に大量失点だったのが痛かったと思う。



10/30
しまなみ球場



下関国際 100 000 021 | 4
益 田 東  000 000 001 | 1

投手は、国際・1鶴田、東・1和田‐10鎌田。
全て右腕で、鶴田はスリークォーター気味。
試合は、初回に国際が先制した後は、
終盤まで互いにゼロ行進のジリジリした展開に。

試合を決定づけたのは、やはり四死球。
益田東にとっては8回、
一死を取った後に9、1番打者への連続四死球が痛かった。
ベンチもタイムで、しっかり間合いを取ったんだが、
直後の次打者に2塁打を打たれて万事休した。

益田東は、結果的に完敗だったが、投打にとても惜しかった。
投げては、エース和田が2回以降はピンチらしいピンチもなく、
国際打線をほぼ完ぺきに封じていた。
それだけに、初回の先頭打者のいきなりの3塁打が大きかった。
攻撃では、初回の一死満塁、6回の一死3塁のチャンスを逃すなど、
国際より押し気味に試合を進めていたんだが、
大事な場面であと1本が出なかった。
結局、完封を免れるのがやっとと言う感じになってしまった。

国際のエース鶴田は、ガッチリとした体型(お腹が出ていたw)から、
重そうな球を投げていたが、球威がそれ程ある訳ではなかった。
しかし、投球のタイミングが独特で、
初見だと打者が合わせ辛そうな印象だった。




開  星 001 020 000 | 3
下関西 001 000 000 | 1

投手は、開星・左腕1中村、下関西・1吉田。
下関西には失礼ながら、開星の完勝、コールドもあるかと思ったが、
第一試合に負けない互角の接戦になった。

むしろ、安打数は開星7に対して下関西8が示すように、
チャンスの数は下関西の方があったくらい。
が、この試合もまた第一試合と同じく、
大事なところで下関西にあと1本が出なかった。
特に、3回の同点にしてなお一死2、3塁の場面と、
4回の一死3塁からのスリーバントスクイズ失敗の場面が、とても大きかった。
どちらかをものにしていれば、また違った展開になったのでは。
また、2つのけん制死など、全体的に攻守で、
開星よりミスが多かったのも痛かった。

エース吉田は、小柄ながら豪快な投球フォームで良く投げていたと思うが、
その大きなフォームのためか盗塁を5、6個、
ほぼフリーパス状態に決められてしまっていたのが残念だった。

開星の左腕エース中村は、上背はそれ程ないが、
なかなかキレのある球を投げていた。
勝気そうで、強気の投球が良かった。
一方打撃陣は、あまり大きな選手がおらず、
長打力もあまりなさそうな印象だった。



ちなみに、今日はすでに準々決勝。
おかやま山陽-高川学園は、なんとなく納得だけど、
下関国際-開星は、ちょっと意外だった。
開星の左腕・中村がなかなか良い様に感じたので、
もう少し競るかと思った。

画像
おかやま山陽・有本投手
画像
下関国際・鶴田投手
画像
開星・中村投手

おまけ
画像
鳥栖駅で偶然見かけた「ななつ星in九州」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック