№200川越初雁球場(埼玉県)

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


メモ
1塁側から3塁側への傾斜を利用した半掘り下げ式で、何か懐かしい感じのする野球場。狭い敷地なりにスタンドを造っているため、ネット裏を含め1、3塁側で、内外野のスタンドの形状がちょっとずつ違っていて、球場好きの自分の琴線に触れる左右非対称型のスタンドになっている。特に1塁側には木陰があり、外野に向かって湾曲していて、なかなか他の球場には見られない、とても良い雰囲気を醸し出していた。グラウンドのサイズは両翼91m、センター100mと小ぶりだが、照明塔はあり。半掘り下げ式なので外観と言うものはなく、アプローチの感じは東京の多摩一本杉球場に似ていた。アクセスはバスがメインだが、本数は比較的ある。駐車場は小さいので要注意。屋根なし。常設売店はないが、夏季予選には売店が出ていた。

初訪問日 2010/7/10 高校野球夏季埼玉県大会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック