碧 空 万 里

アクセスカウンタ

zoom RSS 観戦記2017(7)

<<   作成日時 : 2017/05/25 18:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週末は、関東は茨城県で高校野球関東大会で、
盛り上がっていた様ですが、私は喧騒を避けて、
宮崎県の県選手権大会の地区予選に行って来ました。

北は延岡市から南は都城市、西は小林市と
レンタカーを使って、土、日、月と420キロ強、走り回って来ました。

そう言えば先々週は、秋田で3日間で、500キロ弱走りました。
この2週間で1000キロ弱。
このペースで行くと、自家用車の年間走行距離より、
レンタカーの年間走行距離の方が多くなりそう。
う〜〜ん、アホですな・・・。

と言う訳で試合の感想を。




5/20
小林市営球場


都城西 000 000 1 | 1
都城商 100 250 x | 8 (8回C)


投手は、都商・14大矢、都西・1相葉−16前田。
春県ベスト4の都城商に注目したが、投手は背番号14番で、
野手もどこまでベストメンバーか分からないが、一応背番号は一桁。

試合は、都城商が初回に四球、エラー、安打と、打者3人でいきなり先制。
どうなる事かと思ったが、次打者の4番を併殺に取り、都城西が一失点でしのぐ。
2、3回も三者凡退に抑え、都城西・相葉が予想以上の好投を見せ接戦に。

しかし都城商打線が、2巡目から3巡目に入り、相葉に慣れたのか打線が繋がり、
その後見事に攻略。結局、終わってみれば完勝だった。
14番の大矢も縦に大きく落ちる変化球を有効に使い好投。
7回二死までわずか3四球のノーノーだった。
ランナーを出すとややバタついていたのが、ちょっと気になったけど。

都城西の最後の打者6番今川が、
二死2塁からノーノーはおろか完封も回避する見事なセンターオーバー。
本人も帰ればコールドも回避のランニングツーランを狙ったが、残念ながら本塁憤死。
それでも最後に意地を見せてくれた。

都城商は、全体的に皆小柄で、力強さは感じなかったが、
大きな穴もなく良くまとまっている印象だった。



5/22
都城市営球場


都城工 200 000 201 | 5
都城農 020 001 30x | 6


投手は、都農・1新地−10竹中、都工・1上野。エースは共に左腕。

試合は、大型左腕の新地が直球を主体に、
小柄な上野が制球良く丁寧な投球で、それぞれ持ち味を発揮。
しかし、9回の都工の得点以外は全てエラー絡みと、
守備陣が好投していた両エースの足の引っ張り合いをしてしまう展開に。

そして9回、都工が1点取ってなお一死満塁と言う最後まで
どちらに勝利が転がり込むか分からない場面となったが、
センターに抜けそうなゴロの当たりをショートが好捕し併殺で終了と、
最後の最後で都農守備陣が投手陣を助けて終わった。

両校ミスがなければ1、2点の勝負だったと思われるだけに、
両校夏までの短い間にどこまで守備陣を整備出来るか?




5/22
SOKKENスタジアム


  妻    200 000 0 | 2
日章学園  041 032 x | 10  (7回C)


投手は、日章・1田上−3川越、妻・12河野−13井上−1釈迦郡。
田上のみ左腕で、川越が唯一130キロ越えで一番球威があった。

春県ベスト8同士の戦いで注目したが、登板した投手の背番号で分かる様に、
この試合に対する意気込みと言うか、姿勢が両校でかなり違った様だった。

試合内容もそれが如実に現れた様な展開で、
妻が良かったのは初回二死無走者から長打で先制した場面だけで、
それ以外は日章学園の気迫に押された様な感じで、
守備陣のミスも絡み、日章打線に控え投手陣が打ち込まれ、
防戦一方と言う展開になってしまった。

6回にエース釈迦郡を登板させたが、
残念ながらすでに火の付いた相手打線を止められなかった。
妻としては、この結果が夏に悪影響を及ぼさなければ良いが。

両エースは、制球重視でコーナーを丹念についた投球をしていたのが印象的だった。


画像

小林市営球場近くの「生駒高原」内のポピー畑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
観戦記2017(7) 碧 空 万 里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる